2018.08.25

「産後ケア入院」「産後リフレッシュ入院」が始まります

9月より小牧市の母子保健事業として「産後ケア入院」が始まります。当院がその指定施設として認可されました。

これは、心身の不調又は育児不安がありご家族から十分な支援が得られない産後4カ月未満の産婦さんとその赤ちゃんを対象 にしたもので、宿泊型のショートステイと、日帰り型のデイケアがあります。利用にあたっては小牧市に申し出る形となります。

詳しくは順次この病院ホームページでもアップしていきますが、当院では「産後ケア入院」と同時に、産後半年未満ののお母さん、赤ちゃんを対象とした「産後リフレッシュ入院」を始めます。

小牧市の事業である「産後ケア入院」は、利用にあたって小牧市の担当者の認定が必要となりますが、「産後リフレッシュ入院」は育児の相談をしながら、疲れを癒しリフレッシュしていただきましょうという趣旨ですので、どなたでもご利用いただけます。概要は以下の通りです。

ちなみに「産後ケア」という言葉は、厚労省の推進事業として地域の子育て世代包括支援センターを拠点に全国展開を目指しているものについて使用されており、全国的にも既に広く認知されています。こうした背景を考慮し、この事業以外に「産後ケア」という言葉を使うのは混乱をもたらしかねないと考えられますので、当院独自で行うものについては「産後リフレッシュ入院」と呼ぶことにしました。

「産後ケア入院」

 対象は小牧市内にお住いの産後4カ月未満のお母さん、赤ちゃんとなります。

 利用にあたっては小牧市のホームページをご参照下さい。

「産後リフレッシュ入院」

 対象:産後6か月未満のお母さんと赤ちゃん(住所はどこにお住まいの方でもご利用いただけます)

 利用方法:直接もしくはお電話にてお申し入れ下さい

 費用;ショートステイ(午前10時より翌日10時まで) 30000円

      以下一日入院期間を延長するごとに15000円の追加料金がかかります。

        例 1泊2日 30000円 2泊3日 45000円

       注1)当院出産の方は1万円の優待がありますので、ここから差し引かれます。

       注2)産後リフレッシュ入院は宿泊型のショートステイのみとなります。

       注3)数時間の延長、上のお子さん、ご主人の付添い入院なども対応出来ます。詳しくはお問い合わせ下さい。

詳細についてはこのお知らせコーナーでも順次アップしていきます。