2018.10.04

『女性のためのペリネケア外来』の予定

近日中の女性のためのペリネケア外来の予定は下記の通りです。

予約は受付にて直接もしくはお電話にて。  好評受付中!

  *初回の方は必ず医師の受診後の予約となります。2回目以降は直接予約が可能です。

  (電話予約受付:月、水、金:8:30から19:30 火、木、土:8:30から13:00)

  (青字は瀬戸理学療法士が、黒字は助産師が担当します。)

10月

 4日(木)午前午後

 9日(火)午後 18日(木)午前午後 19日(金)午後

 22日(月)午後 23(火)午後 27日(土)午後

 29日(月)午後 30(火)午後 

11月

 1日(木)午前午後 2日(金)午後

 6日(火)午後 9日(金)午後

 12日(月)午後 13日(火)午後 15日(木)午前午後

『女性のためのペリネケア外来』 って、、、

ペリネとはフランス語で、骨盤底筋群を含めた会陰全体を指し、このケアをすることをペリネケアと言います。尿もれや便もれ、おならが我慢できない、頻尿、急に尿意をもよおしもれそうになる、お風呂で膣にお湯が入ってしまう、子宮や膀胱が下がるもしくは下がる感じがする、などの不快な症状はこのペリネに問題があったり、ペリネに過剰な負荷をかけていることがほとんどです。

『女性のためのペリネケア外来』では専門知識を持った助産師、理学療法士が超音波検査などを用いながら丁寧に症状を聞き取り問題点を見つけ、個人個人に適したレッスンを行っていきます。

上記した症状に悩む方は産後や40代以降の方に多いのですが、最近では10代、20代での出産を経験していない方にもこうした症状がみられることがあります。

<40代以上の方、産後1年以上経っている方>

上記の不快な症状のある方は症状の改善と同時に、更に悪化させていかないことが大切です。また、そういう意味ではまだ症状の出ていない方にも受講をしていただけるとよいと思います。

<産後の方>

ガスケアプローチ産後クラスでのグループレッスンを受けていただいていますが、2-3回のグループレッスンでも不快な症状が残る方は、この『女性のためのペリネケア外来』にて問題の有無を確認し、個別にレッスンすることをお勧めします。

<10代や20代で未経産の方>

10代や20代の方でまだお産をしたことがないのにこうした不快な症状のある方は、ペリネに過剰な負荷をかけている可能性があります。間違った方法での排便排尿や正しくない姿勢や呼吸方法のほか、間違った腹筋運動などが原因のこともあります。

初回は時間をかけてどこに問題があるかを見つけ出してこれを改善していくためのレッスンを行います。そして2回目以降は改善状態を聞き取り、前回のレッスン内容が出来ているかの確認を行っていきます。

 対象: すべての女性

 対象となる症状: 尿もれ、便もれ、おならが我慢できない、頻尿、急に尿意をもよおしもれそうになる、お風呂で膣にお湯が入ってしまう、子宮や膀胱が下がるもしくは下がる感じがする、腰痛、ひざ痛、など

 費用: 1回目 4500円(50から60分)

     2回目以降 3000円(30から40分)

(よりじっくりレッスンを受けたい方は2回目以降も60分コースを選ぶことも出来ます)

 担当: 助産師、理学療法士

      毎月第3木曜はガスケアプローチ公認インストラクターの瀬戸景子理学療法士が

      東京より駆けつけ、施術にあたってくれます!