ブログ -診察室より-

オリンピック2016.08.16

連日熱戦が続いています、オリンピック。

柔道や体操、競泳などはお家芸とも言われ、開催前からメダルを有力視されていましたが、前評判通りしっかりメダルを取ってしまう。本当にメンタルが強いです。

僕の子どもの頃の日本選手は本番に弱いことが多く、プレッシャーにつぶされそうになりながら頑張っている、という感じが強かったです。それが今やメンタル面でも外国人選手を圧倒している様子がしばしば見られます。

メンタルトレーニングを積んでいるからか、国際試合の経験を積んでいるからか、日本の選手は本当に逞しくなった様に見えます。

個人的に残念だったのはゴルフの松山クンの欠場。テニスの錦織クンのように頑張っている姿が見たかった。

松山クンも錦織クンもどちらもいつメジャー大会を制してもおかしくない位置にいますが、競技としてのその時々の体調や好不調の波の影響の受け具合を考えると、松山クンの方がよりメジャーに近そうです。

まだまだオリンピックは続きますが、4年後の東京オリンピックは何とか実際に見てみたいなと思っています。でも、開会式チケットなどはそれこそプレミアムチケットになりそうです。

最近見ないですね、友利新さん、、2016.06.08

女医タレントの友利新さん、以前はちょこちょこバラエティなどで見かけましたが、最近あまり見ないですね。

この友利さんが現在第二子をご懐妊中のようで、彼女のブログで骨盤ベルトについて取り上げてました。

http://ameblo.jp/arata1107/entry-12168238831.html

当院ではガスケアプローチに取り組んでいますが、日常生活の中でペリネや骨盤を保護するのにどうしても必要になってくるのがこの骨盤ベルトです。友利さんも書いていますが、世の中いろいろな骨盤ベルトが売られています。当院でもスタッフみんなでガスケアプローチを勉強していく中で色々なベルトを試してみましたが、やはりこのベルトが一番良いという結論に達し、お産をされる方全員にこのベルトをお渡しするようになりました。

つけてみての感想は個人個人で色々あると思いますが、特に立ち仕事の多い方は普段からのケアが大切になります。忘れがちだった方はまたつけてみて下さいね。

プッチンプリンと歯磨きチューブ  宋美玄先生 第2弾、、2016.05.19

宋美玄先生からの発信、第2弾です。

今回はご自身の出産体験を交えた「おはなし会」の模様が綴られています。

中に出てくるプッチンプリンと歯磨きチューブのたとえ、さすがに的を得ています。その他にも楽しい表現がたくさんちりばめられていて、さすがにトーク上手の人がガスケアプローチを表現すると違います。

読んでみて下さいね。

http://www.joystyle.net/articles/195

<< 3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13