ブログ -診察室より-

トップページ メインビジュアル 『クリスマスバージョン』2015.12.22

とうとう出来ました!トップページの変更。

そもそもウエブデザイナーさんに僕でも出来るように、とお願いしてあったのですが、ワードやエクセルとは違い画像を触り慣れていないモノにとっては基本的な操作があやしく、すぐにつかえていました。で、その都度デザイナーさんにお聞きするのですが、こうした作業は腰を据えないと出来ない質で、ようやく時間が取れて「さあ、やろう!」となるのですがまたすぐにつかえてしまい、しばらく作業が止まってしまうという繰り返しが数カ月続きました。

で、変更第一弾がクリスマスバージョン。

構想としては随分以前からあったのですが、遅々として進まず、今年はもう無理だと思っていたのですが、滑り込みセーフとなりました。

ちなみに1枚目は待合室壁面のクリスマスツリー、4枚目は12月生まれの子に着せてあげるクリスマスバージョンのおくるみです。

よかったよかった、、、

乳がん検診 考2015.12.10

長らく空いてしまいました。

月一更新を目標にしてきましたが、とうとう一カ月飛んでしまいました。

前回北斗さんのことを含め、乳がん検診のことを書きました。北斗さんの乳がん告白から2カ月以上たち、だいぶ心配されて受診される方も減ったのですが、それでもあの時の余波が今でも残っていて当院のマンモグラフィは1カ月待ち以上のパンク状態が今も続いているのですが、ようやく解消できる見込みとなりました。

経験豊富の女性レントゲン技師さんが手伝いに来てくれることになりました。良かったです。キャパも倍以上に増えることになったので、2月くらいにはお待たせすることなく検査が出来るようになるといいなと思っています。

北斗さん, ピンクリボン月間, & 乳がん検診学会2015.10.22

久し振りのブログです。

先月は小牧ワイナリーのイベント紹介だけだったので、普通に書くのは2か月振り以上になります。

先月末の北斗さんの衝撃的な乳がんの公表以来、乳がん検診の場はてんてこ舞いとなっています。これまでにも有名人の方が乳がんを公表すると、しばらくの間乳がん検診が大変多くなったのですが、今回は1カ月近く経った今も多くの方が心配されて外来に来られます。これはいまだかつてないことで、北斗さんの人気の程がうかがい知れました。当院のマンモグラフィも通常よりも枠を増やして対応しているにもかかわらず、相変わらず1カ月待ちが続いている状態です。

毎年10月はピンクリボン月間で、乳がん検診啓発のために各地で様々なイベントが開かれています。来週には、乳がん検診に携わる医療関係者にとって大きな学会である乳がん検診学会が開かれます。多くの関係者が、大忙しの臨床現場の合間を縫って駆けつけることと思います。僕も休診にさせていただいて行って来ます。

僕には色々な関心事があるのですが、乳がんについては所属している小牧市の乳がん検診受診率をもっと上げたい、と思っています。

今回の北斗さんの件で痛感したのは、とっても多くの方が心配されこれを機会に乳がん検診を受けようと思われたはずなのですが、恐らく受ける機会がよく分からなかった、もしくは一杯でなかなか受けられなかった、もしくはまだ受けることが出来ていないのではないか、と感じています。

小牧市の乳がん検診受診率は決して高いものではなく、そして集団検診しかありません。多くの自治体がそうしているように、日時の決まった集団検診といつでも受けられる医療機関での個別検診を併用することが受診率向上のカギとなります。そして思い立ったらすぐ受けられるようにするべきと思います。

北斗さんがそうであったように、乳がんはまさしく働き盛りのがんです。一家の大黒柱に降りかかってきます。そうした意味では早期発見、早期治療することによって、早期に社会復帰を果たせます。

月に一度の自己検診と、1年ないし2年に一回の医療機関での検診をしましょうね。

<< 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16