ブログ -診察室より-

乳がん検診 考 ― 乳がん検診の限界 ―2016.09.08

昨年の北斗晶さん、今年の小林麻央さんなど有名人の方の乳がん告白が続きました。

お二人ともまだ現場復帰できず闘病中です。有名人の告白であることに加え、北斗さんなどは毎年検診を受けていたのに進行した状態で発見されたことや、麻央さんは30代前半という若さでの進行がんということで、大きな衝撃を与えています。それに伴う乳がん検診の限界について書かれたものも見受けられたりします。

乳がん検診の限界として非常に早く進行する乳がんの存在、という問題があります。今回はこの件ではなく、検査自体の限界について書いてみます。

乳がんは皮膚の中にあります。現時点で主流となっているマンモグラフィも、公的検診への導入が検討されている超音波検査も、正常の乳腺が映し出される中で、その中に存在する「正常ではない影」を探す作業をします。

マンモグラフィでは白く映し出される正常の乳腺の中で、より白く映される異常な影を探していきます。雪原の中でゴルフボールを探す作業、と例える方もありますが、僕はどちらかと言えば白い雲の中に隠れているUFOを探すイメージに近いです。

雲には様々な形があります。びっしりと空を覆う雲もあれば、もこもこと盛り上がった入道雲もあります。まばらな雲もあります。雲の色も白一色ではありません。微妙なグラデーションがあります。このあたりは超音波検査のイメージに近いです。正常乳腺も雲のように色々です。そんな中に悪いUFOが隠れています。

まばらな雲に隠れたUFOを探すのはたやすいですが、大きな入道雲の中に隠れた小さなUFOを探すのは時に困難です。

ここに乳がん検診の限界があります。マンモグラフィも超音波検査もすべての乳がんを見つけることは出来ません。でもなるべく見つけられるように努めています。

何回かに分けて、乳がん検診に関するお話しを書こうかと思っています。

オリンピック2016.08.16

連日熱戦が続いています、オリンピック。

柔道や体操、競泳などはお家芸とも言われ、開催前からメダルを有力視されていましたが、前評判通りしっかりメダルを取ってしまう。本当にメンタルが強いです。

僕の子どもの頃の日本選手は本番に弱いことが多く、プレッシャーにつぶされそうになりながら頑張っている、という感じが強かったです。それが今やメンタル面でも外国人選手を圧倒している様子がしばしば見られます。

メンタルトレーニングを積んでいるからか、国際試合の経験を積んでいるからか、日本の選手は本当に逞しくなった様に見えます。

個人的に残念だったのはゴルフの松山クンの欠場。テニスの錦織クンのように頑張っている姿が見たかった。

松山クンも錦織クンもどちらもいつメジャー大会を制してもおかしくない位置にいますが、競技としてのその時々の体調や好不調の波の影響の受け具合を考えると、松山クンの方がよりメジャーに近そうです。

まだまだオリンピックは続きますが、4年後の東京オリンピックは何とか実際に見てみたいなと思っています。でも、開会式チケットなどはそれこそプレミアムチケットになりそうです。

最近見ないですね、友利新さん、、2016.06.08

女医タレントの友利新さん、以前はちょこちょこバラエティなどで見かけましたが、最近あまり見ないですね。

この友利さんが現在第二子をご懐妊中のようで、彼女のブログで骨盤ベルトについて取り上げてました。

http://ameblo.jp/arata1107/entry-12168238831.html

当院ではガスケアプローチに取り組んでいますが、日常生活の中でペリネや骨盤を保護するのにどうしても必要になってくるのがこの骨盤ベルトです。友利さんも書いていますが、世の中いろいろな骨盤ベルトが売られています。当院でもスタッフみんなでガスケアプローチを勉強していく中で色々なベルトを試してみましたが、やはりこのベルトが一番良いという結論に達し、お産をされる方全員にこのベルトをお渡しするようになりました。

つけてみての感想は個人個人で色々あると思いますが、特に立ち仕事の多い方は普段からのケアが大切になります。忘れがちだった方はまたつけてみて下さいね。

<< 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15