ブログ -診察室より-

石皿2016.01.16

ほとんど記憶に無いくらい以前に書いていた「古道具シリーズ」。

新しいホームページに書くとどんな具合になるんだろう、とふと思い、書いてみます。

L1090095.JPG

写真は古道具の中でも少しマイナーな石皿。焼き物は骨董の中でも大定番ですが、さすがにこの石皿となると骨董の範疇は離れ、古道具と呼ぶにふさわしくなります。で、この石皿、僕はとっても好きで何枚か我が家にあります。

但し、古ければいいわけでも状態が良いからいいわけでもありません。

そもそもこの石皿、江戸時代の街道茶屋などでおかずを盛るためなどに使われた大皿なので、いわゆる雑器になります。それ故、必然的にあまり絵付けもなされていません。では、どこによさを見るかというと、なかなか微妙なものがあるのですが、骨董市などで何枚も並んでいる石皿を眺めていると、自然に目に飛び込んで来るものがあるものなのです。もちろんまったく気になるものがないこともしばしばです。

写真の二枚の石皿くん、しいて理由を挙げるなら向かって左は微妙に歪んで愛嬌があり、右の石皿はほんのり浮かんだ薄紫色が石皿らしからぬ景色がありキレイです。

武骨な石皿ですが、お鍋のシーズンには大活躍してくれるのです。

あけましておめでとうございます2016.01.01

あけましておめでとうございます。

穏やかなお正月です。年末からののんびりモードから一転して、お正月早々二人の方がお産になりましたが、いずれの方も超安産。今年も一年、良い年であるといいです。

ブログも何か写真が無いとやはり寂しい感じがしますが、新年のご挨拶を見返してみると、ここ数年は見事にお節料理でした。ということで、むしろ定番化した今年のお節ご膳です。

image2 (2).JPG

若干光量不足ですが、今年も大満足のお節でした。

今年の冬は冷え込みが本当に少なく、このお正月も雪が降る気配はありません(ちなみに去年は大雪でした)。奥美濃のスキー場も全面滑走可、となっているところは一つもありません。

子供たちが小さい頃はよくスキーに連れて行ったのですが、最近はそれも無く、雪が降らないのは個人的にはありがたいのですが、スキー場の関係者の方は大変です。

スキーやスノボ人口も減っているらしいです。ついでに言えばゴルフ人口も減っているらしいし、僕がいつも行く打ちっぱなしも、僕より上の世代の方がとっても多いです。みんないったい何をして遊んでいるのかな、、、

子供たちを見ていても、僕ら世代と比べてお金をあまりかけずに上手に遊んでいるような気がします。それはそれで社会が成熟して来たからなのか、、、車にしてもエコカーばかりで、それはそれで大切だとは思うけど、何だかワクワク感がないような、、、

などと、お屠蘇気分でとりとめのないことを書いてしまいました。

今年もとりとめのないブログ、どうぞよろしくお願いします。

年の瀬2015.12.27

12月もクリスマスを過ぎると、途端に年末感が出てきます。懸案だったトップページもほんの数日のクリスマスバージョンを経て、写真の入れ替えを行いました。

今年も色々なことがありました。ガスケアプローチを本格的に取り入れ始め、4月にはこのホームページがリニューアルし、7月にはガスケ先生がおみえになりました。でも、今年も何よりよかったのは、大きなトラブルもなく一年のお産を終えられそうなことです。

来年も引き続きお産に向き合っていくことになりますが、それに加えて、ひょっとすると小牧市の乳がん検診が当院でも始まるかも知れません。少し前のブログでも書きましたが、集団検診しかなかった小牧市の乳がん検診ですが、医療機関での個別検診が併用となりそうです。これに伴い、受診の利便性は格段にアップします。

僕は愛知県の乳がん検診の精度管理の委員をしていますが、各自治体、いろいろな問題を抱えています。小牧市はやはり受診率の低さが問題でしたが、ようやく解消出来そうです。質の高い乳がん検診を提供し、受診率を50%まで上げれば、間違いなく乳がんで命を落とす方は減っていきます。是非、この小牧でそれを実現したいと思っています。

何だか、政治家の公約っぽいですが、お産に加えて、乳がん検診でもいろいろな発信や企画がやっていければいいなと思っています。

<< 5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15