ブログ -診察室より-

画期的商品2022.03.08

今朝、日テレのZipを横目で見ていたら、画期的なニュースが飛び込んできました。

写真がそれです。

image0.jpeg

早速大人買いしてきました。何が画期的か、、一部の柿の種ファンならお判りでしょう。

亀田製菓さんは3年ほど前、あられとピーナッツの比率を6:4から7:3に変更しました。たしかファン投票に基づいて、、といった判断だったと思います。よりあられの多い7:3を好む人が多かったようですが、僕は少数派の6:4派でした。

ですので、それからの3年間というもの柿の種を食べる時はいつもピーナッツが無くならないか気にしながら食べる、という日々が続きました(笑)

で、今回のこの商品です。

茂美先生は当初何が画期的なの?と言っていましたが、このピーナッツとあられの完全セパレートはオリジナルの柿の種を作れるのです。

それぞれをお皿にあけ、お皿の中で自分の好きな比率を手に取ればよいのです。

亀田さん、素晴らしい! 天才!

3年目に入ったコロナに加え、こんな理不尽なことが起こるのかと愕然としているロシアとウクライナの戦争。

そんな中での久し振りのワクワクニュースでした。