ブログ -診察室より-

おもてなし弁当2015.07.19

前々回のブログで書きましたが、先日ガスケアプローチのガスケ先生が来院されました。

写真は清岡シェフ渾身のおもてなし弁当です。清岡シェフの料理はどちらかというとジャンルにとらわれない、自由度の高い料理が真骨頂のように思うのですが、今回は和食のど真ん中を行く王道のお弁当でした。それだけに清岡シェフの「おもてなし」を強く感じました。

image.jpg

季節の食材、地の食材をふんだんに使ったお弁当で、ガスケ先生も大喜びでした。

翌日がガスケ先生の誕生日だったこともあり、午前中は『はなれ』を体験していただき、午後からはミニ研修会となりました。

ミニと言っても内容はとっても濃く、実地に当院の状況、あるものを利用しながらの研修で、オフィシャルの研修以上の密度となりました。

ガスケ先生は日本の文化にも詳しく、今回は特に日本のサラシを使っての腹帯を大変褒めていました。あの巻き方はガスケアプローチ的にもとても理にかなったもので、是非この文化を絶やすことなく、伝えていって欲しいと言ってみえました。

腹帯のことはまた後日、このブログでも触れたいと思います。

出会いと別れ2015.07.10

先日、学生時代にとても仲の良かった先輩と、思いがけない形で再会しました。

お互いがそれぞれの人生の中で大切だった人との今生の別れを待つ間、本当にわずかな待ち時間の間にすれ違い、一瞬でそれとわかりました。その一瞬がたった10秒、いえいえ5秒ずれていたら再会は無かったろうと思います。本当に不思議なことがあるものです。

そして直接、間接に知った人の訃報が続きました。覚悟していた別れもあれば、日常の中で思いもかけない形でやって来る別れもある。そんな中での30年ぶりの偶然の再会。

普段の僕らは気付いていないだけで、人の縁は幾重にも絡みながらすぐそばにあります。そして、ポツリと切れたりもします、、、

毎日の縁を大切にしよう、、、 一日一日を丁寧に生きていかなければ、、、 自分にとって大切なことは、、、 本当に考えさせられる出来事が続きました。

七夕デザート2015.07.07

スッキリしない天気が続いています。が、梅雨らしいといえば梅雨らしい、、、

写真は今年の七夕ランチならぬ、七夕デザートです。

DSCN0485.JPG

季節のフルーツのクリームあんみつ。笹の葉と短冊が涼しげです。

ここのところ七夕ランチが続いていましたが、今年はデザート。というのも、シークレット情報なのですが、来週にガスケアプローチのガスケ先生が小牧に来られ、当院を見学されます。フランスから日本へ輸入されたガスケアプローチですが、当院での取り組みを是非、本国フランスへ逆紹介したい、とのことです。当日はミニ研修会も開催される予定。当院でのガスケアプローチはまだまだ一歩を踏み出したところですが、どんどんレベルアップしたいと思っています。

で、清岡シェフは『ガスケ先生来院記念おもてなしランチ』と銘打って、メニューを考え中です。はてさてどんなランチとなりますか。

当日の模様はまたこのブログでもアップしたいと思います。

<< 1  2  3  4  5  6