ブログ -診察室より-

年の瀬2015.12.27

12月もクリスマスを過ぎると、途端に年末感が出てきます。懸案だったトップページもほんの数日のクリスマスバージョンを経て、写真の入れ替えを行いました。

今年も色々なことがありました。ガスケアプローチを本格的に取り入れ始め、4月にはこのホームページがリニューアルし、7月にはガスケ先生がおみえになりました。でも、今年も何よりよかったのは、大きなトラブルもなく一年のお産を終えられそうなことです。

来年も引き続きお産に向き合っていくことになりますが、それに加えて、ひょっとすると小牧市の乳がん検診が当院でも始まるかも知れません。少し前のブログでも書きましたが、集団検診しかなかった小牧市の乳がん検診ですが、医療機関での個別検診が併用となりそうです。これに伴い、受診の利便性は格段にアップします。

僕は愛知県の乳がん検診の精度管理の委員をしていますが、各自治体、いろいろな問題を抱えています。小牧市はやはり受診率の低さが問題でしたが、ようやく解消出来そうです。質の高い乳がん検診を提供し、受診率を50%まで上げれば、間違いなく乳がんで命を落とす方は減っていきます。是非、この小牧でそれを実現したいと思っています。

何だか、政治家の公約っぽいですが、お産に加えて、乳がん検診でもいろいろな発信や企画がやっていければいいなと思っています。

トップページ メインビジュアル 『クリスマスバージョン』2015.12.22

とうとう出来ました!トップページの変更。

そもそもウエブデザイナーさんに僕でも出来るように、とお願いしてあったのですが、ワードやエクセルとは違い画像を触り慣れていないモノにとっては基本的な操作があやしく、すぐにつかえていました。で、その都度デザイナーさんにお聞きするのですが、こうした作業は腰を据えないと出来ない質で、ようやく時間が取れて「さあ、やろう!」となるのですがまたすぐにつかえてしまい、しばらく作業が止まってしまうという繰り返しが数カ月続きました。

で、変更第一弾がクリスマスバージョン。

構想としては随分以前からあったのですが、遅々として進まず、今年はもう無理だと思っていたのですが、滑り込みセーフとなりました。

ちなみに1枚目は待合室壁面のクリスマスツリー、4枚目は12月生まれの子に着せてあげるクリスマスバージョンのおくるみです。

よかったよかった、、、

乳がん検診 考2015.12.10

長らく空いてしまいました。

月一更新を目標にしてきましたが、とうとう一カ月飛んでしまいました。

前回北斗さんのことを含め、乳がん検診のことを書きました。北斗さんの乳がん告白から2カ月以上たち、だいぶ心配されて受診される方も減ったのですが、それでもあの時の余波が今でも残っていて当院のマンモグラフィは1カ月待ち以上のパンク状態が今も続いているのですが、ようやく解消できる見込みとなりました。

経験豊富の女性レントゲン技師さんが手伝いに来てくれることになりました。良かったです。キャパも倍以上に増えることになったので、2月くらいにはお待たせすることなく検査が出来るようになるといいなと思っています。

1  2  3  4  5  6