ブログ -診察室より-

見事な天の川です2014.07.07

今日は七夕ですが、台風の接近もあり、あいにくの空模様なのですが、当院では見事な天の川を見ることが出来ました。

当院では、清岡チーフシェフをはじめ、星野シェフ、梅村シェフの三名のシェフによって日々、彩り豊かでとてもおいしい食事が提供されています。三名のシェフは仲が良く、チームワークもいつもバッチリです。
そして、入院された方たちにはシェフ達から毎日のメニューが渡されるのですが、7月7日のお品書きには七夕特別ランチとだけあり、否が応でも期待が高まっていたことと思います。そして、今日のランチは梅村シェフが担当してくれました。
ランチの中心には素麺の天の川が流れ、中には星が散りばめられています。右側には笹があつらえてあり、色とりどりの短冊がぶら下がっています。脇を固めた朴葉寿司やきんとんなどの味つけもとてもよく、素晴らしい特別ランチとなりました。

今日のメニューを知っていて先日のブログを書いたわけではなかったのですが、人生二番目に素晴らしい天の川に出会えました、、、(笑)
梅村シェフ、ごちそうさまでした。

56130979[1].jpg3cfa90c0[1].jpgf77805ca[1].jpg

ガスケアプローチ その32014.06.21

当院が今一生懸命取り組んでいること、一つはこの春に始めた安産クラブ。そしてもう一つはこのガスケアプローチです。

そのガスケアプローチが今月号のたまごクラブに8ページにわたって特集されています。とってもわかりやすくまとめられています。
当院のことも少しだけ、本当に少しだけ載っています。一緒に載っている日赤医療センターさんと育良クリニックさんは日本でも有数の産院で、そこに並んで当院の名前があるのも恐縮なのですが、興味のある方、是非書店に走ってください。保存版になること、間違いないです。

そのガスケアプローチ、8月か9月から産前産後クラスを始めるために準備中です。お産の場ではすでにガスケアプローチを取り入れながらやっていますが、産前産後もようやくスタートです。

安産クラブともども、こちらも是非参加してみてください。

七 夕2014.06.20

もうすぐ七夕ですね。慌ただしいと、そうしたことも忘れてしまいがちですが、昔の人はいろいろな話しをこうして残してくれました。
ところで七夕と言えば天の川ですが、僕は子どもの頃、天の川を意識して見ることが出来たことがありませんでした。

話しは大学時代にまで遡るのですが、僕が卒業した岐阜大学には奥穂高診療所という、夏の間だけ開く診療所があります。奥穂高の山荘横にひっそりとあるのですが、この診療所を運営するために一週間交代でチームを組んで寝泊まりします。そこへ大学一年の時に行きました。しかし、行ったはいいけど梅雨の終わりでずっと雨でした。
天気が良ければ暇だと周囲の山にも登りに行けたのですが、それもかなわずずっと缶詰め状態でした。それが最終日にきれいに晴れたのです。そしてその日の夜、満天の星空が開けました。その日はもう7月の下旬で七夕はとっくに過ぎていたのですが、満天の星空の中にくっきりと見えたのです、天の川が。
天の川は英語でmilky wayと言いますが、なんでそんなふうに言うのかとずっと思っていましたが、その夜見た天の川はまさしくmilky way。星の密度が濃く、牛乳をパアッと流したように白いのです。あんな天の川を見たのは後にも先にもそれが最後でした。本当にきれいでした、、、

写真は、毎年当院の待合室に飾ってある七夕です。
みなさん、置いてある短冊に思い思いに願い事を書かれていきます。一番上には英語で書かれた短冊があります。

Wishing for good health and bright future for all children.

イギリス人のニックさんが書いてくれたものですが、サラリとこうしたことが書けること、素敵ですね。

989d1e0a[1].jpg

<< 1  2  3  4  5  6