ブログ -診察室より-

ガスケアプローチ その42014.10.30

前々からこのブログでもご紹介しているガスケアプローチ、いよいよ助産師スタッフ全員の研修が終了しました。先週末からの初回研修コースに最終グループが参加し、今日現在は産後のペリネケアならびに復習コースへの参加グループが東京に行っています。

このガスケアプローチ、お産の場にあっての身体の使い方はこれまで常識と考えられてきた部分を大きく修正する必要があり、チームでお産をみている施設(一人でやっている助産院以外はほとんど全てですが、、、)では、全員がその知識を共有する必要があります。


昨年のちょうどこの時期、僕自身が初めてガスケアプローチに触れ、1年で全員が共有することが出来ました。こんなに早い展開は、想像もしていませんでした。それもこれも、この春にガスケ先生の講義に直接触れることが出来、また同行した竹下、堀口両助産師がやはりガスケアプローチに惚れ込んだことが大きかったろうと思います。彼女たちは直接実践することが出来るため、僕ら以上にその良さを実感しているんだろうと思います。

以前のブログでも8月か9月から産前産後クラスを、、、といったことを書きましたが、スタッフともいろいろ相談し、今回の全員の研修終了を待つこととなりました。
日本ガスケアプローチ協会もいよいよ発足するとのこと、どんどんお母さん達によい発信が出来るといいなと考えています。