ブログ -診察室より-

クリスマスディナー & 年末ですね、、、2013.12.26

何とかクリスマス中にアップ、と思っていましたが、1日遅れてしまいました。
いつも小ネタが入れてある清岡シェフのスペシャルディナーですが、今年は病院の名入りのチキンでしょうか、、、、味も抜群でした。
我が家ではこのチキンとテールスープ、これが1番人気を分けました。ごちそうさまでした。

1f90925b[1].jpg

78cbcf01[1].jpg

早いもので今年もあと5日となりました。年末です。本当に早いです。
このブログでも1?2回書いたような気がするのですが、春と秋が本当に短くなりました。ずっと暑い暑いと言っていたのに、駆け足で秋が過ぎ、気付くとすでに年末です。
皆さんの一年はどうだったでしょう?

自分自身ももちろんそうなのですが、一人一人が得られる情報量は飛躍的に増えました。そして百聞は一見にしかずと言いますが、いわゆるSNSが広まりその情報も豊富な画像で得ることが出来ます。あっという間に多くの情報が得られる今、僕たちに求められるのは正しい情報、言い換えれば本当に自分に必要な情報を見極める力だろうと思います。

SNSではネガティブな情報はどんどん拡大します。自分が思う以上にはるかに広く、深く、より強く広がっていきます。仲間内の会話で「ちぇっ」とつぶやいたとしてもそれは一瞬で消えていき、その前後の多くの言葉でかき消されて行きますが、SNSではずっと残り、そしてどんどん増幅していきます。ポジティブな情報や表現はここまで広く、深くはなりません。そういう意味でとても怖さを感じます。

僕らはお産に関わっているので、こうした情報の海に、皆さんが流されないようにしなければ、と思います。お産に関わる情報もやはりネガティブなものは増幅されるのです。来年は、お産の持つポジティブな要素をこれまで以上にたくさん発信出来る一年にしたいと思っています。

おまけです、、、
気まぐれで書いているこのブログ、「毎月更新」を目標にしているのですが、この目標、4年振りに達成出来ました。
よかった、よかった、、、(心の声です、、、)  

良いお年をお迎え下さい。

ガスケ・アプローチ2013.11.16

ガスケ・アプローチという言葉を聞いたことがある方は、ほとんどないだろうと思います。産科の医療職でも知らない人が圧倒的です。
骨盤底筋群という言葉をご存知でしょうか?
まさしく骨盤の底、膣と肛門があるあたり、フランスではこれを「ペリネ」と呼びます。ペリネが弱いと中高年になってから性器脱や尿失禁といったトラブルが増えます。これをケアすることでこうした発症を防いでいくことが出来ます。
ガスケ・アプローチとはこのペリネのケアの方法の一つです。

先日、このガスケ・アプローチの講習会に行って来ました。ガスケ・アプローチは分娩法ではなく、女性の一生を通したペリネのケアの方法なのですが、分娩法に関係もしてきます。
女性の一生の中でも、特に妊娠、出産、そして産後はペリネにとってとても大きな負荷がかかる時期です。そのために正しいケアをしないとあとでトラブルが多くなります。
出産とペリネケアの関係を説明するのに、僕はよく、スポーツでの足首の捻挫の例を出しています。
足首などを捻挫した場合、正しく治療をしないと靭帯が伸びてしまい、関節がグラグラになるなど、あとで色々なトラブルを起こします。もっと言えば、捻挫をしないように正しい準備運動をし、正しい体の使い方をして、運動の際に無理な負担がかからないようにする必要があります。
出産も同じで、妊娠中は正しい知識を身につけ、準備運動を行い、出産の際には正しい体の使い方をする。そして産後は正しいケアを行う。こうすることで、10年後、20年後のトラブルを未然に防いでいくのです。

ちょっと難しいでしょうか、、、
将来的にも負担の少ない体の使い方は、実はとっても効率的な側面があり、出産方法ではないと言っても、かなり理にかなった出産方法になり得ると感じています。

2013 秋の安産ピクニック2013.10.12

行って来ました、秋の安産ピクニック。
台風26号が接近する中、どうなるか、と思われましたが、皆さんの心がけがよく(遠足で先生がよく言ったセリフです、、、)、台風一過と相成りました。

恒例の写真をアップします。
いつも通り、集合写真を送りますので、ご希望の方は、お名前、診察券番号、予定日を記したメールを病院宛てにお寄せ下さい。

今回はカメラ二台体制で、いい写真がたくさんありました。

c9c9ea6d[1].jpgcfbd73c9[1].jpg64f2c78e[1].jpg98f6692f[1].jpg618b382f[1].jpg51c6a50e[1].jpg

1  2  3  4  5  6