ブログ -診察室より-

ワールドカップ2010.06.30

盛り上がってますね、ワールドカップ。日本代表、残念でした。

それにしても開催前の予想を覆してのベスト16は大したものでした。四連敗していたチームとはとても思えない戦いぶりでした。
戦術の変更が大きな理由なのでしょうが、やはりカメルーンに勝ったことで、みなが自信を取り戻し、大きく突き抜けた感じがしました。大会前と比べるとその動きは生き生きしているように見え、決して実力が大きく劣っているわけでなかったんだ、と実感しました。
多くのタレントをそろえながら惨敗した前回は、このメンバーでダメなら世界との距離は相当にあるんだと感じましたが、今回は「また四年後がんぱれ」という気になりました。

悪ければ批判の嵐、良ければ賞賛の嵐、と相変わらず日本のぶれ方は激しく、まるで政権交代前後を見るようですが、サッカーについては純粋に元気をもらえたので良かったです。
あとは好カードを冷静に見られます。
とりあえずはアルゼンチン対ドイツと、日本に勝ったパラグアイ対スペインが楽しみです。

それにしてもまた今月もすべり込み更新でした。。。