ブログ -診察室より-

住まい塾 勉強会2007.03.10

お知らせ的ですが,病院行事とは少し外れますのでこちらのブログで...

離れの方はほとんど建物内は終了し,今は庭師の小松さんが植栽をやってくれています.これまた手仕事でゆっくり進んでいますが,多くの住まい塾の建物の外回りをやって来ている方で,さらによくなることと思っています.

ところで今回設計管理をお願いした住まい塾出身の草空間設計の横地さんが主催する完成見学会兼勉強会が,4月1日(日)の午後1時30分から離れにて行われることになりました.
横地さんのご厚意で今回みわレディースクリニック関係の方は参加費無料としていただけました.ただしあまり大きくない建物ですので定員に達したら終了とさせていただきます.
住宅建築に興味のおありの方,またご自宅を考えている方など,行ってみようかなと思われる方は病院宛にメールにてお問い合わせください.

患者さん向けのお披露目は別にやろうかと相談中ですので,やれるようでしたらまたお知らせかブログかでアップします.

以上お知らせブログでした.

松岡さん その22007.03.01

26日の月曜日に松岡さんがみえて手すりやドアの取っ手などをつけていかれました.朝5時に千葉を出て10時にこちらへ着いたとの事.所要時間5時間で途中通行規制やら当院近くで迷った事を考慮すると驚く程の早さです...

作業はとてもスムースに進みました.一番問題だった手すりの取り付けも大変スムースでした.
アップしてあるのがその手すりです.とてもきれいな曲線をベースに柔らかな線で作り上げてありました.松岡さんの作品は空間の間(ま)がとてもきれいだと常々勝手に思っていたのですが,今回は子どもも出入りする場所なのである程度空間をつぶすようなお願いがしてあったのですが,ほとんどリクエストをクリアしながら,それでいて松岡さんテイストを十分出してもらえるものとなりました.作業に携わった方達も,もちろん僕たちも大変満足でした.

91a16e76[1].jpg

f3217a87[1].jpg

c317b64e[1].jpg

ペンダントが最終的に電機屋さんにつけてもらわないといけない事もあり,完成形はもう少しあとですが,養生していた床もその姿をあらわしました.床は桜の木で,ほんのりピンクのきれいな床材です.

あとは2-3週間かけて外回りと植栽を庭師の小松さんが担当してくれます.これまた住まい塾の家をたくさん手がけて来られている方で,他の担当した庭や今回のプランニングのスケッチも見せていただきました.やはりとてもいい感じでした.主張しすぎず,それでいて実は一本一本はとても計算されていて,横地さん曰く何年か後にどうなっていく,をすべて考えてある,というのがなるほどと思えるものです.また年月を経るに従って家との一体感が進んでいくべきものなのだろうと思います.

84115e9f[1].jpg

0a0a6694[1].jpg

松岡さん2007.02.25

明日はいよいよロートアイアン作家の松岡さんがみえます.手すり,ペンダント,あとドアの取っ手などをつけます.中でも手すりが一番の大物です.工場で実際にベニヤなどで型をおこして作り上げ,現場で溶接などを行います.埼玉からみえるので10時半頃ついて夕方もしくは夜までかかるらしいです.

半年間佐藤さん達が作ってくれた建物に木戸さんの左官が入り,いよいよ仕上げに松岡さん,といった感じです.先週はずっと職人さん達もいよいよですねえ,いよいよですねえ,が合言葉のようでした.松岡さんの作品を迎え入れる,といった感じです.
ラフなスケッチだけは見せられているのですが,実際には誰も実物を見ていません.あまり細かい注文を出すのも野暮なので,あとは見てのお楽しみ,という感じでますますみんな楽しみにしています.

作業風景など,またアップしたいと思います.

<< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10